法人の電気代は「節約」と「リスク回避」の視点で削減を

法人の電気代は「節約」と「リスク回避」の視点で削減を

電気料金の算定方法

毎日使う電気料金の削減は、直接利益の創出につながるため、経営上とても重要なテーマの一つです。
2016年4月の電力小売完全自由化もあり、各社ともこれまで以上に
電気料金の削減を意識する機会が増えてきています。

電気料金の算定方法をまとめた図

①法人様が電力会社に支払う電気料金の削減を検討するポイント

ポイント1
設備を省電力商品に

現在使用している設備や電化製品を省電力のものに切り替え、電気購入量を減らす。

ポイント2
単価が安い電力会社へ

電力量料金の単価が安い新電力会社へ契約を切り替える。

ポイント3
太陽光発電などで電気を自社で作る

自社で太陽光発電等を設置し、発電した電気を施設でそのまま利用(自家消費)することで
電力会社からの電気購入量を減らす。

ポイント4
電気料金の基準になる最大需要タイミングを調整

デマンドピーク(過去1年間における最大需要電力)をコントロールし、基本料金を下げる。

②電気料金の今後の動きを理解し、電気代の増加に備える

電力会社から購入する電気代には様々な費用が上乗せされている

電力会社から購入する電気代には様々な費用が上乗せされていることをまとめた図

電力会社から購入する電気代は今後も向上する見込みとされています。
こちらのページで詳しく解説しています

「節約」と「リスク回避」
2つの視点で電気代を削減しよう

結論として、電気料金を削減するには、 ①を実践して全体の電力消費量を減らし、
加えて②のアプローチで、今後値上がりするリスクを出来る限り回避することが重要といえます。

そこで有効なのが、エコスタイルの「太陽でんき」。
太陽光発電で発電した電気を、売電せずに自社でそのまま使うことによって、
電力会社から購入する電力を減らし、①と②をダブルで達成していきます!

自家消費型 太陽光発電「太陽でんき」関連コラム

  1. 中小企業投資促進税制の「別表」って? 作成方法や注意点など
  2. 太陽光発電の補助も受けられる「経営力向上計画」のメリット
  3. 工場立地法と緑地の関係|太陽光発電設備も環境施設になります
  4. BCPとは?地震大国日本で重要となるBCP対策について
  5. エコアクション21とは?認証取得のメリットや実際の事例
  6. 初期投資ゼロ円でも法人向け太陽光発電設備が?「PPAモデル」に集まる注目