電気代の中の燃料調整費とは?電力会社ごとの算出方法まとめ

電気代の中の燃料調整費とは?電力会社ごとの算出方法まとめ

毎月の電気代に含まれている燃料調整費について
「いったい何の料金だろう?」と思ったことはありませんか?

この記事では「燃料調整費」の概要や、電力会社ごとの算出方法、
損をしないための対策などについて、分かりやすく解説していきます。

燃料調整費ってなに?

燃料調整費ってなに?

燃料調整費は毎月の電気代に含まれる費用のひとつで、
常に変動する火力燃料の価格に対応するために、1996年に導入されました。

もう少し詳しく解説すると、火力発電所で電気を作るために使用する
原油・LNG(液化天然ガス)・石炭などの燃料は、日本はほとんど諸外国からの輸入に頼っています。

こうした原油やLNG(液化天然ガス)などの価格は、海外の情勢によって常に変動しています。

燃料の価格変動を受け、各電力会社の経営が安定存続するために、
さらには国民の生活安定を前提として、「燃料調整費」が導入されました。

この「燃料調整費」は、利用した電気に比例して支払う形になっています
(電気使用量1kWhあたりにつき燃料調整費±○○円、という形です)

電気料金の図解

電気使用量1kWhあたりの燃料調整費の金額は「燃料調整単価」と呼ばれます。
この単価は毎月変動し、財務省の貿易統計を元に計算されています。

なお「燃料調整単価」は、請求書のほか、各電力会社のホームページなどでも確認することができます。

自分の燃料調整費を確認する方法

支払っている電気料金のうちの燃料調整費がいくらか知りたい場合は、
各電力会社からの請求書(電気ご使用量のお知らせ)に書かれているので確認してみましょう。

具体的には、請求書内の「燃料調整費」の欄に、その月の燃料調整費が掲載されています。

また、各電力会社のWEB会員に登録しておくことで、
パソコンやスマートフォンから手軽に電気代や燃料調整費を確認することも可能です。

電力会社ごとに異なる燃料調整費の算出方法

電力会社ごとに異なる燃料調整費の算出方法

燃料調整費は、

燃料調整費(円)= 燃料費調整単価(円/kWh)×1ヶ月の電気使用量(kWh)

で、算出することができます。
(電力会社によっては「円」ではなく「銭」で記載される場合もあります)

なお、上記の公式に出てくる「燃料費調整単価」というのは、
「基準燃料価格」と「平均燃料価格」を元にして算出されます。

「基準燃料価格」とは、卸売市場や為替レート等の状況から、
燃料の仕入れ見込み価格を電力会社が判断して決定した価格となります。

「平均燃料価格」とは、火力燃料(原油・LNG・石炭)それぞれの、
直近3ヶ月間の貿易統計価格をもとに算出された価格で、毎月ごとに決められています。

平均燃料価格についてもう少し詳しく説明すると、

  • 直近3ヶ月における1kL当たりの平均の原油価格
  • 直近3ヶ月における1t当たりの平均のLNG価格
  • 直近3ヶ月における1t当たりの平均の石炭価格

上記3つの要素を元に、以下の式で導き出されます。

(平均原油価格×使用率)+(平均LNG価格×使用率)+(平均石炭価格×使用率)

ちなみに、上記の「使用率」は、「原油換算率×燃料種別々熱量構成比」にて導き出されています。

電力会社によって火力燃料の価格は異なるため、
「基準燃料価格」と「平均燃料価格」も電力会社によって数値が異なりますから、
そのため最終的な「燃料調整単価」も、電力会社ごとに異なることになります。

東京電力での燃料調整費の算出方法

東京電力では「基準燃料価格」は「44,200円/kL」となっており、燃料調整単価の算出方法は、

  • 平均燃料価格が「基準燃料価格 44,200円/kL」を上回るか
  • 平均燃料価格が「基準燃料価格 44,200円/kL」を下回るか

のケースごとに、プラス調整/マイナス調整が行われます。

平均燃料価格が「44,200円/kL」を上回った場合(プラス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(平均燃料価格-44,200円/kL)×(基準燃料単価÷1000)

平均燃料価格が「44,200円/kL」を下回った場合(マイナス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(44,200円/kL-平均燃料価格)×(基準燃料単価÷1000)

参考:燃料費調整制度とは(高圧・特別高圧)│法人のお客さま│東京電力エナジーパートナー

関西電力での燃料調整費の算出方法

関西電力では「基準燃料価格」は「27,100円/kL」となっており、燃料調整単価の算出方法は

  • 平均燃料価格が「27,100円/kL」を上回る場合
  • 平均燃料価格が「27,100円/kL」を下回る場合

のケースごとに、プラス調整/マイナス調整が行われます。

平均燃料価格が「27,100円/kL」を上回った場合(プラス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(平均燃料価格-27,100円/kL)×(基準燃料単価÷1000)

平均燃料価格が「27,100円/kL」を下回った場合(マイナス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(27,100円/kL-平均燃料価格)×(基準燃料単価÷1000)

参考:燃料費調整制度について│関西電力 法人のお客さま

中部電力での燃料調整費の算出方法

中部電力では「基準燃料価格」は「45,900円/kL」となっており、燃料調整単価の算出方法は

  • 平均燃料価格が「45,900円/kL」を上回る場合
  • 平均燃料価格が「45,900円/kL」を下回る場合

のケースごとに、プラス調整/マイナス調整が行われます。

平均燃料価格が「45,900円/kL」を上回った場合(プラス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(平均燃料価格-45,900円/kL)×(基準燃料単価÷1000)

平均燃料価格が「45,900円/kL」を下回った場合(マイナス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(45,900円/kL-平均燃料価格)×(基準燃料単価÷1000)

参考:中部電力|法人(高圧・特別高圧)のお客さま – 燃料費調整制度

東北電力での燃料調整費の算出方法

東北電力では「基準燃料価格」は「31,400円/kL」となっており、燃料調整単価の算出方法は

  • 平均燃料価格が「31,400円/kL」を上回る場合
  • 平均燃料価格が「31,400円/kL」を下回る場合

のケースごとに、プラス調整/マイナス調整が行われます。

平均燃料価格が「31,400円/kL」を上回った場合(プラス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(平均燃料価格-31,400円/kL)×(基準燃料単価÷1000)

平均燃料価格が「31,400円/kL」を下回った場合(マイナス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(31,400円/kL-平均燃料価格)×(基準燃料単価÷1000)

参考:燃料費調整の仕組み|東北電力

中国電力での燃料調整費の算出方法

中国電力では「基準燃料価格」は「26,000円/kL」となっており、
また、低圧受電で契約されている方には、平均燃料価格の計算上の上限値も設定されています。
燃料調整単価の算出方法は

  • 平均燃料価格が「39,000円/kL」を上回る場合
  • 平均燃料価格が「26,000円/kL」を上回り「39,000円/kL」以下の場合
  • 平均燃料価格が「26,000円/kL」を下回る場合

の3つに分かれ、それぞれのケースごとにプラス調整やマイナス調整が行われます。

平均燃料価格が「39,000円/kL」を上回った場合(低圧受電の契約者のみ)
燃料調整単価(銭/kWh)=(39,000円/kL-26,000円/kL)×(基準燃料単価÷1000)

平均燃料価格が「26,000円/kL」を上回り「39,000円/kL」以下の場合(プラス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(平均燃料価格-26,000円/kL)×(基準燃料単価÷1000)

平均燃料価格が「26,000円/kL」を下回る場合(マイナス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(26,000円/kL-平均燃料価格)×(基準燃料単価÷1000)

参考:燃料費調整制度のご案内|中国電力

四国電力での燃料調整費の算出方法

四国電力では「基準燃料価格」は「26,000円/kL」となっており、
平均燃料価格の計算上の上限値も設定されています。
燃料調整単価の算出方法は

  • 平均燃料価格が「39,000円/kL」を上回る場合
  • 平均燃料価格が「26,000円/kL」を上回り「39,000円/kL」以下の場合
  • 平均燃料価格が「26,000円/kL」を下回る場合

の3つに分かれ、それぞれのケースごとにプラス調整やマイナス調整が行われます。

平均燃料価格が「39,000円/kL」を上回った場合
燃料調整単価(銭/kWh)=(39,000円/kL-26,000円/kL)×(基準燃料単価÷1000)

平均燃料価格が「26,000円/kL」を上回り「39,000円/kL」以下の場合(プラス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(平均燃料価格-26,000円/kL)×(基準燃料単価÷1000)

平均燃料価格が「26,000円/kL」を下回る場合(マイナス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(26,000円/kL-平均燃料価格)×(基準燃料単価÷1000)

参考:燃料費調整制度・単価表|四国電力

九州電力での燃料調整費の算出方法

九州電力では「基準燃料価格」は「31,400円/kL」となっており、燃料調整単価の算出方法は

  • 平均燃料価格が「27,400円/kL」を上回る場合
  • 平均燃料価格が「27,400円/kL」を下回る場合

のケースごとに、プラス調整/マイナス調整が行われます。

平均燃料価格が「27,400円/kL」を上回った場合(プラス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(平均燃料価格-27,400円/kL)×(基準燃料単価÷1000)

平均燃料価格が「27,400円/kL」を下回った場合(マイナス調整)
燃料調整単価(銭/kWh)=(27,400円/kL-平均燃料価格)×(基準燃料単価÷1000)

参考:九州電力 法人のお客さま

※いずれも記載内容は2019年5月時点でのものです。最新の情報は各電力会社のホームページをご覧ください。

電気代へ反映されるタイミングはいつ?

燃料調整費が電気代に反映されるタイミングは、
平均燃料価格の算定期間(3ヶ月)の2ヶ月後となるのが一般的です。

具体的には、以下のようになっています。
たとえば、1月~3月において燃料調達の価格が高騰してしまった場合、
6月の電気料金に、その調達価格の高騰を加味した燃料調整費となります。

1月から3月に算定 6月分の電気代の燃料調整費に反映
2月から4月に算定 7月分の電気代の燃料調整費に反映
3月から5月に算定 8月分の電気代の燃料調整費に反映
4月から6月に算定 9月分の電気代の燃料調整費に反映
5月から7月に算定 10月分の電気代の燃料調整費に反映
6月から8月に算定 11月分の電気代の燃料調整費に反映
7月から9月に算定 12月分の電気代の燃料調整費に反映
8月から10月に算定 翌年の1月分の電気代の燃料調整費に反映
9月から11月に算定 翌年の2月分の電気代の燃料調整費に反映
10月から12月に算定 翌年の3月分の電気代の燃料調整費に反映
11月から翌年の1月に算定 翌年の4月分の電気代の燃料調整費に反映
12月から翌年の2月に算定 翌年の5月分の電気代の燃料調整費に反映

燃料調整費の対策には自家消費型太陽光発電

燃料調整費の対策には自家消費型太陽光発電

燃料調整費は、電力会社が火力発電所を使い続ける限り、必ず発生する費用です
燃料調整費は企業の取り組みでは直接コントロールできませんが、
節電して電気使用量を減らすことで、相対的にこの燃料調整費を減らすことができます。

そのためには、自社で電気を作る「自家消費型太陽光発電を設置する」という選択肢や、
燃料調整費を含まない電力会社に切り替える」といった選択肢があります。

「自家消費型太陽光発電」で電気を創る

太陽光発電は、一般的に自社の屋根や購入した土地に太陽光パネルを設置して、
FIT(固定価格買取制度)に基づく売電価格で電気を売って収入を得る、という印象があるかと思います。

一方「自家消費型太陽光発電」は、屋根に太陽光パネルを設置するまでは一緒ですが、
発電した電気を売るのではなく自宅で優先的に消費します。

この「自家消費型太陽光発電」では、電力会社からの購入電力量を減らすことができますので、
結果的に「燃料調整費」の費用も抑えることが可能となります。

また、太陽光発電と一緒に家庭用蓄電池を導入することで、
より購入電力を減らして電気代を節約し、エネルギーの自給自足に近づけることも可能です。

燃料調整費ゼロの電力なら「エコスタイルでんき」

エコスタイルでんきのデマンド監視機能エコスタイルが提供している「エコスタイルでんき」では、
料金設定に燃料調整費を含んでいないため、
この燃料費調整額の変動リスクが一切ありません

基本料金もゼロなので「電気料金は使った分だけの支払い」なうえ、
「でんき使用量見える化ツール」を無償で提供しています。

パソコンやスマートフォンで、30分毎の電気使用状況を
わかりやすいグラフでタイムリーに確認することができます。
データはダウンロードすることができ、
メールによる使い過ぎアラート機能もあります。

これらの機能により電気の使い方の傾向がわかるため、
節電やデマンド値を明確に意識することができ、
電力切替による効果も併せて大幅なコスト削減が期待できます。

>> 「エコスタイルでんき」詳しくはこちら

まとめ

各電力会社が火力発電を利用して電力をつくっている限り、
支払金額のなかに組み込まれてしまう「燃料調整費」。
突然、この燃料調整費が高額になってしまっても、文句を言うことはできません

そうした変動リスクを削るために「燃料調整費の変動への対策」はとても重要です。
「自家消費型太陽光発電」を設置して電力会社からの電力購入を減らしたり、
燃料調整費のない電力会社に切り替えたりするなどで、
燃料調整費の変動リスクに対策していくことが重要です。

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。