企業のイメージアップに太陽光発電は効果的?

企業のイメージアップに太陽光発電は効果的?

企業イメージを高める方法、すぐに思いつきますか?

企業のイメージを高める、ということにお悩みの担当者さまも少なくないと思います。
製品の評判や知名度があってはじめてイメージアップするもので、
事業の成功の副産物として得るものだ、という印象はありませんか?

また何かアプローチをしてもすぐに効果が見えず、実際に取り組むには腰が重くなってしまう、
ということも少なくないはずです。

「これから企業を大きくしていくためにも企業イメージを高めたい」
という方にはなかなか悩ましい課題ですよね。

そうは言っても「企業イメージを高めたい」という要望は出てくるもの。
社員採用の募集を出しても応募が少ない、期待していた社員が辞めてしまう、
業界イメージに引きずられて自社のイメージが向上しない、
顧客が歳をとってきたので新規獲得が課題、既存販路の衰退や成長鈍化を感じてきた…
そうした課題を解決するためにも企業イメージアップは必要なものです。

CSR活動でイメージアップを図りたいけど、
何がいいか分からない

企業のCSR担当者さまは、自社のCSR活動について
「社内の理解が全然進まない」と嘆かれることも多いと聞きます。

せっかく意義を考えてCSR活動をしているのに社内の人間の理解が伴わず
「なぜウチの会社はそんなCSR活動をしているのか」と尋ねられることもあるとか。
そうしたときに明確に答えられなかったり、その活動の意義を十分に理解してもらえなければ、
担当者さまは非常に肩身の狭い思いをすることになるでしょう。

そうした方にこそ、太陽光発電によるCSR活動への取り組みをおすすめしています。
実際に取り組みはじめた瞬間からポジティブな印象を与えられることに加えて、
化石燃料や原子力による発電からの脱却、地球温暖化をはじめとする
環境問題への取り組み、再生可能エネルギーの普及など、表面的なイメージアップだけでなく
事実として持続可能な環境と経済に対して十分な責任を果たしていると言えるのはないでしょうか。

CSR活動によるイメージアップで収益性向上も

「有効なCSR活動はステークホルダーからの評価を高めそれが好業績に繋がる」という視点があります。
例えばCSRが顧客に評価されれば、顧客はその企業製品を積極的に買うかもしれません。
より優れた人材を獲得しやすい可能性も増えますし、
場合によっては行政のサポートも得やすくなるかもしれません。

そんなときに、社会貢献、環境貢献が出来ているとアピールできることはとても良いのではないでしょうか。
とりわけ東日本大震災以降、原発に頼らない再生可能エネルギーの普及が推進されており、
なかでも太陽光発電は、資産の有効活用、メンテナンスの容易性および長期間の安定した売電収入など
利点が多いことから、幅広い地域で普及が進んでいます。

原子力発電所への風当たりや世論もある今般だからこそ、
クリーンで再生可能なエネルギーを発電して自社で使っているということは、
周囲への印象に大きなインパクトを与えられるものです。

太陽光発電を導入したらこんなメリットが

イメージアップになりました(工場施設に設置)

自社工場に取り付けたことで、近隣の方への印象がポジティブなものに変わっていきました。
一般の方は工業施設に対してあまりいいイメージがなかったのかもしれませんが、
太陽光発電設備を取り入れたことで「環境問題に取り組む会社」という印象を持って頂くことが出来ました。

CSR活動としてアピールできました(倉庫に設置)

「企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)」、
いわゆるCSR活動に取り組む姿勢として、太陽光発電を導入したことで地球環境に貢献する
自発的な取り組みをしていると対外的にPRできるようになりました。
もちろんクリーンなエネルギーを使っていることは気持ちいいですね。

電気代節約は嬉しいですね(工場施設に設置)

自社で発電した電気をそのまま自社で使うことで、総合的に電気代を削減することが出来ました。
設備への投資費用と照らし合わせても弊社の場合は数年で回収できそうなので、
長期的に見れば経済的なメリットも大きいです。
もちろん社会的な印象もプラスになるので、費用対効果としてはとても大きいのではないでしょうか。

こちらの記事も読まれています

PAGE TOP