エコスタイルは環境省登録の 「企業版2℃目標・RE100アドバイザー」です

そもそも「2℃目標」とは?

パリ協定で合意された、温室効果ガス削減などにより
世界の気温上昇を「2℃」より低く保つ国際的目標

2020年以降の気候変動問題に関する、国際的な枠組みの「パリ協定」。
この「パリ協定」は、2015年にパリで開かれた温室効果ガス削減に関する国際的取り決めを話し合う
「国連気候変動枠組条約締約国会議」で合意されたため、このように呼ばれています。

・世界の平均気温上昇を、産業革命以前に比べて「2℃」より十分低く保ち、1.5℃に抑える努力をする
・そのため、できるかぎり早く世界の温室効果ガス排出量をピークアウトし、21世紀後半には、温室効果ガス排出量と(森林などによる)吸収量のバランスをとる

パリ協定では、世界共通で上記のような長期目標を掲げていて、
「世界の平均気温上昇を2℃より十分低く保つ」ということを国際的な目標として位置づけています。

そして、この「2℃目標」を達成するために、
各国がそれぞれの温室効果ガス排出削減目標を掲げています。

2020年以降の……とは言っても、一朝一夕で達成できるものではありませんから、
すぐにでも取り組むべきだと、多くの国が積極的に「2℃目標」の達成に向けて動き始めました。

そうした情勢のなか、国だけでなく企業に向けても、
この「2℃目標」達成に向けた取り組みを促そうとする国際的な動きが登場しました。
それが「SBT(Science Based Targets、科学的根拠に基づいた排出削減目標)」です。

環境省が構築を推し進める
目標を掲げた企業同士が繋がるネットワークも発足

「2℃目標」を掲げるためには、国際的な「SBTイニシアチブ」の審査を経て認定される必要があり、
この認定を得るためには、長期的に「2℃目標」の達成が可能だと見通せる
中期目標を設定しなければなりません。

環境省は、この「2℃」という目標について、
これからきちんと目指す企業と、既に目標を設定済みの企業とが、
活発なコミュニケーションと情報共有を行うためのネットワーク作りも始めました。
その名も「企業版2℃目標ネットワーク」。

そして、エコスタイルは、この「企業版2℃目標ネットワーク」において、
企業版2℃目標を達成するための支援会員となりました!

加えて、事業に必要な電気を100%再エネでまなかう「RE100」への
加盟に向けたアドバイスを行う「RE100アドバイザー」としても活動しています。

【外部リンク】環境庁:企業版2℃目標ネットワーク設立及び企業版2℃目標・RE100アドバイザーについて

2℃目標の達成やRE100加盟に向けて
エコスタイルがお手伝いできること

再生可能エネルギー電源の調達計画策定

電気の利用状況を基に、最適な再エネ電源の導入量をシミュレート。
コスト重視・再エネ比率重視など、お客様のニーズに合わせた電源の導入及び
証書取得による再生可能エネルギーの比率向上・排出量削減をサポートします。

再生可能エネルギー導入支援

エコスタイルの7,000件超の施工実績を活かした
低価格・高品質な太陽光発電の導入及び蓄電池の設置により、
再生可能エネルギーの導入とコスト削減の両立を可能にします。

また導入手法に関しても資金調達から第三者所有モデルなど
様々なソリューションをご提案いたします。

J-クレジット創出調達支援・非化石価値でんき供給

J-クレジットについては、エコスタイルがプログラムを運営し、
クレジット創出およびクレジット調達を支援します。
また、登録小売電気事業者として非化石価値でんきの供給をいたします。

これらの仕組みを組み合わせることで、購入電力の再生可能エネルギー比率の向上、
証書利用による排出量の削減を支援します。

環境配慮が企業にもたらすメリットは上昇傾向
むしろ配慮しないことがデメリットを超えてリスクになることも

このように世界の動きとして環境配慮が無視できないものになり、
今や配慮しないことは、デメリットではなくリスクとさえ呼べる時代が近付いています。
実際に、投資家のあいだでは、環境を配慮する企業を高く評価し、
逆に配慮がなされていない企業を低く評価する「ESG」という指標が生まれています

「ESG」については詳しくはこちら

企業として環境に配慮する取り組みを始めるのに、遅いということはありません。
取り組んでおきたい、と思ったら、そのタイミングが始めどきです。
エコスタイルでは「環境配慮」だけでなく、「電気代削減」というベネフィットと併せて
太陽光発電のメリットを最大限にご提供するソリューションをご提案します!

こちらの記事も読まれています

PAGE TOP