環境経営基礎セミナー

環境経営基礎セミナー
昨今の事業環境の変化の中で、持続可能な社会の実現に向けた企業活動を推進する動きとしてESG投資や、それらの企業の取り組みを後押しする国際的なイニシアティブ、RE100宣言など、「環境経営」に対する関心がますます高まっています。
しかしながら、これらの動きは大手企業のものだけであると思いがちですが、実は、中堅・中小企業においても関係するほど大きな流れになりつつあります。

環境経営とは

SDGs:エスディージーズ ロゴ

2015年に採択された「SDGs」が企業経営の軸となりつつあります。この「SDGs(持続可能な開発目標)」とは2015年9月に国連で開かれたサミットで世界のリーダーによって決められた2030年までに達成すべき17の目標とその具体的行動指針です。
環境経営とは企業が環境保全への自主的取り組みを経営戦略の一要因として位置づけ、企業の持続的成長につなげていこうとする経営の考え方です。
「環境保全の自主的な取り組み」とありますが、難しいことではなく、電気の節約やゴミの削減、プラスチック製のストロー廃止で話題になったプラスチック製品の削減など、個人事業主様やご家庭でも普段から実践している方も多いと思いますが、これらも「環境保全の自主的な取り組み」の一部です。

身近な取り組み例

ゴミの削減やリサイクル

ゴミの削減やリサイクル
電気の使用量の削減

電気の使用量の削減
緑化・植林

緑化・植林
エコカーの導入

エコカーの導入
プラスチックの削減

プラスチックの削減

こういった取り組みを企業でも経営戦略の中に取り入れていくことが重要視され始めており、CSRなどで大きく取り上げる企業も増えてきました。

脱炭素社会に向けての動き

大々的に、会社やグループ全体として取り組みを始め「RE100」への参加を表明している企業様もあります。「RE100」という世界的な流れが広がっています。RE100とは企業本社だけでなく事業運営で利用する電力の全てを再生可能エネルギーで調達することを世界的に表明するものです。

世界でESG投資が進むにつれて日本でもESG投資に対応するため「RE100」や「CDP」を重視する動きが広がっています。
RE100:「Renewable Energy 100%」の略称です。オフィスや工場を含めた事業全体で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを宣言した企業の連合体です。
CDP:気候変動など環境分野に取り組む国際NGOです。「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3つを活動領域としており、今やESG投資で、世界で最も参照されているデータの一つにまで影響力を拡大しています。

ESG投資とは

ESGは、欧米の機関投資家を中心に企業の投資価値を測る、
新しい指標として着目されるようになってきました。

ESGを重視すること、つまり、環境では地球温暖化対策、社会では人権への対応、企業統治では法令遵守などといった社会の要請を重視することが、企業の中長期的な持続的成長に繋がり、財務諸表などからは見えないリスクを排除できるという考え方で、良い会社、長期的に良いリターンを生む会社を選ぶ指標となるという事です。

ESG経営の推進が企業の明るい未来を照らす
企業の持続的な成長を推進する新たな原動力「環境経営」

欧米では早くから電力小売事業が自由化されており、企業はどの電力会社から電力を購入するのかを早い段階から考え、選択するようになりました。
こうした背景から、企業経営者は、電力需要や電力価格とともに、事業で使用する電力の電源構成を考え、「どのような電力を」「どこから調達するか」ということを経営課題として強く意識するようになっていきました。

世界が認識する重大リスクの変化と日本の機関投資家のサステナブル投資合計額の変化

cdp

「グローバルリスク報告書」・「日本サステナブル投資白書2017」より

世界経済フォーラムが毎年1月に発表する「グローバルリスク報告書」によると、この10年の間で経営上のリスクに対する認識が一変し、世界の経営者や投資家の間では、売上高や利益ばかりを重視する経済リスクに代わり環境や社会、企業統治に対するリスクこそが最も重大なリスクであるということは常識となっています。
それらに伴って日本の機関投資家のサステナブル投資と言われる持続可能な社会に向けた投資合計額は2016年から2017年の1年間で2.4倍にもなっています。
企業の持続的な成長のためには環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)を意識した経営こそが必要であるという事です。

そこで、まず「環境経営」についてエネルギーの側面から解説するとともに、
SDGsやRE100など新聞紙面でも取り上げられている、
「環境経営」にかかわる内容についてと、その解決策もあわせて解説します。

環境経営基礎セミナー(RE100セミナー) 開催日程

日程 会場 時間
「以降のセミナー日程が決まれば連絡希望」および
「個別のご説明を希望」も対応いたします。申し込みページにてご選択ください。

 

※個人の方・同業他社の方の参加はご遠慮頂いております。
※同一法人様からのご参加は3名までとさせていただきます。
※当日はお名刺を1枚ご用意ください。

無料セミナーに申し込む
具体的な検討段階でなくてもご参加いただけます!