初期投資ゼロのPPAモデルを導入検討される企業様へ

初期投資ゼロのPPAモデルを導入検討される企業様へ

初期投資ゼロで環境価値を生み出す PPAという太陽光発電 導入ソリューション

PPA とは、「太陽光発電システム自体を購入する」のではなく、
「太陽光発電によるクリーンな電気を購入する」導入モデルのこと
施設の屋根に太陽光発電設備を初期投資ゼロで設置する代わりに、
その電力を長期でご購入いただく導入モデルです。

設備を購入する必要がないため、これまで導入の障壁だった初期投資を
ゼロに抑えて、再生可能エネルギーの電気が調達できます。

エコスタイルが金融機関と提携してご提供する PPAモデル を導入すると、
企業の環境配慮を大幅に強め、CO2削減に大きく貢献するだけでなく
将来のエネルギー価格の変動リスクへの対策にもなります。

PPAモデルは、FIT制度(固定価格買取制度)のないアメリカにおいて
太陽光発電の大幅普及に寄与した導入方法でもあり、
環境配慮が重視される日本でも注目され始めた画期的なモデルです。

※「初期投資」とは、本システム導入に関する施工関連費用(工事代金、機器代金、設計技術費用等)を指します。

Environmental Management

「環境経営」を推進するために

企業のCO2排出量削減

企業のCO2排出量削減

PPAは「太陽光パネルで発電した電気を購入する」契約。つまり発電開始日からすぐ、環境に配慮したクリーンなエネルギーを使う企業になれるということ。

初期投資の捻出なしにクリーンな電気を調達し、その分 電力会社からの購入電力を減らせるため大幅にCO2が削減できます。

RE100、SBT認定を目指して

RE100、SBT認定を目指して

CO2の削減は、企業の環境経営には欠かせない取り組みです。今後、環境に配慮しない企業は淘汰されていくとさえ言われています。

取り組みの証明になる、RE100、SBTなどの認定に大きく近づくのが、PPAによる太陽光発電の「自家消費」。初期投資ゼロのPPAで環境貢献を強めていきませんか。

持続可能な企業になるために

持続可能な企業になるために

企業活動をより長く続け、地域の皆様により愛されるためにも、環境貢献は必要です。

世界的に、環境に配慮する企業への投資が強まっていることから「環境のため、地球のため、子供たちの未来のため」に取り組む企業になることで、資金調達にも繋がります。

Feature of PPA

PPAの特徴

初期投資ゼロで、再エネ由来の電気を調達

PPAは「太陽光パネルで発電した電気を購入する」契約。つまり発電が始まった日から、環境に配慮したクリーンなエネルギーを使う企業になれるということ。

初期投資の捻出なしにクリーンな電気を調達し、その分 電力会社からの購入電力を減らすことでCO2削減が出来ます。

初期投資ゼロで、再エネ由来の電気を調達

電気代上昇リスクの回避

電気料金に上乗せされているFITの賦課金は、今後さらに上昇していくことが想定されています。(電力中央研究所の発表による)

電気料金の変動も、たとえば単価が 16円/kWh が 18円/kWh に上昇したら、それは10%以上の増加でもあります。PPAモデルは基本的に電気料金単価が据え置きのため、電気代上昇リスクを引き下げられます。

電気代上昇リスクの回避

コストは、発電した分だけの購入量

リース契約と異なり、固定費が発生しないため、PPAで支払うコストは発電した電力の分だけ。

万一、一時的なトラブルや天候の関係によって発電量が落ちた場合も、連動して購入コストも下がるため、リースなどの固定費による導入と比べて損失リスクは非常に小さくなります

コストは、発電した分だけの購入量

継続的な維持管理コストも不要

発電システムの維持管理は、電力供給元が行います。そのためメンテナンスについては手間もコストも懸念不要です

「発電されたクリーンな電気を購入するだけ」です。
※ 契約期間満了後の設備の取り扱いに関しては契約の内容により異なり、保有する場合には追加の費用が発生する場合もございます

継続的な維持管理コストも不要

貸借対照表(バランスシート)外での調達

PPAは「電力を購入する」という契約のため、企業における資産とはみなされませんので、契約期間中は減価償却を計算したり……という必要がありません。

同様に、オフバランスの面でも、企業の資産として設備を抱えるわけではないため総資産利益率(ROA:Return On Asset)などの財務指標に影響しません

貸借対照表(バランスシート)外での調達

 

Compare with others

他の導入方法と比較すると…

  メリット・利点 デメリット・短所
自社で購入
(自家消費)
  • 長期的に見ればもっとも投資回収効率が良い
  • 処分、交換などを自社でコントロールできる
  • 初期投資額が非常に大きくなる。
  • 総資産利益率(ROA)など財務指標に影響する
  • 維持管理、メンテナンスの手間とコストを負う
リース
  • 自社導入ほど大きな費用を必要としない
  • リース元がパネルの保守をしてくれる場合がある
  • 自由に交換・処分ができない
  • 長期的な契約になる
  • 発電がない場合でもリース料を支払う必要がある
  • リース資産として管理・計上する必要がある
屋根貸し
  • 屋根を貸すだけなので初期費用はほとんどかからない
  • 賃料収入により一定の安定利益が見込める
  • 自由に交換・処分ができない
  • 長期的な契約になる
  • 屋根を貸しているだけなので、環境経営とは言えない
  • 賃料収入の金額メリットはあまり大きくない
PPAモデル
  • 基本的に初期投資がゼロ
  • 提携した金融機関が保守責任を負うためメンテナンスフリー
  • 発電した分だけの電力購入だから発電が少なくても安心
  • 設備は資産計上されずオフバランスで再エネ電気を調達
  • 自由に交換・処分ができない
  • 長期的な契約になる

※ PPAによる電力購入でまかなえない部分については、これまでと同じように電力会社から購入します。 
PPAだからと言って停電や電力不足が発生しやすいというものではありません。
※ 「初期投資」とは、本システム導入に関する施工関連費用(工事代金、機器代金、設計技術費用等)を指します。
※ 契約によっては、契約期間終了後は無償譲渡となる場合があり、その場合にはメンテナンス費用が発生します。

About Us

エコスタイルについて

40,000件を超える問い合わせ、
9,000件を超える施工実績(※1)

エコスタイルは、これまで太陽光発電設備の施工実績が多数あり、個人向けの太陽光投資物件を取り扱う「あんしん太陽光発電エコの輪」を中心に、40,000件を超えるお問い合わせを通じて多数のお客様にご利用いただいています。また発電設備の施工だけでなく、アフターサポートの充実や、太陽光をはじめとする再生可能エネルギーの普及などにも積極的に取り組んでおります。

※1)表記は「エコスタイル」に寄せられた件数を記載したものであり、「太陽でんき®」のみの件数ではございません。

エコスタイルは40,000件を超える問い合わせ、9,000件を超える施工実績

CONTACT

お問い合わせ

導入には、設置スペースの面積要件や事業規模など、条件が発生する場合がございます。
ご相談・ご質問などは無料です、まずは「当社でも導入可能か」とお気軽にお問い合わせください。
PPAはお客様と金融機関との契約であり、弊社は太陽光発電システムの施工を通じてお客様の環境経営に資するよう尽力致します