初期投資ゼロの自家消費型太陽光発電「PPA」(電力購入契約)

「PPA」(電力購入契約)とは

「PPA」(電力購入契約)とは
「PPA」(電力購入契約)とは
「PPA」(電力購入契約)とは

「PPA」(ピーピーエー)とは、「Power Purchase Agreement」の略で、
「発電者と電力消費者の間で締結する電力販売契約」のことを指します。

そのなかでも太陽光発電における PPA モデルは、「ソーラーPPA」
「第三者所有モデル」「オンサイト発電サービス」などとも呼ばれます。

最大の特徴は『初期投資ゼロ』

なぜ初期投資ゼロで提供できるのか?

なぜこの「PPA」が初期投資ゼロで提供できるかというと、
「エコスタイルが提携する事業者が所有する設備」を利用するからです!
「場所(屋根)等を提供」して「代わりに電力の提供サービスを利用する」という形の
導入モデルのため、初期投資がゼロなのです。

PPAモデル イメージ図

なぜ「PPA」は初期投資ゼロなのか? >>

「PPAモデル」の効果・実績は?

PPAモデルは、FIT制度(固定価格買取制度)のないアメリカにおいて、
太陽光発電の大幅普及に寄与した導入方法でもあり、
環境配慮が重視される日本でも注目され始めた画期的なモデルです。

アメリカでは、住宅用の太陽光発電システムのうち7割以上がこのPPAモデルとも言われています。
こうした流れを受け、日本でも各地でPPAの認知・普及が広まってきており、
エネルギー消費量の削減、温室効果ガス排出量の削減など「企業に求められる環境経営」の一助として、
PPAモデルによる導入が注目されています。

「PPAモデル」の効果・実績は?
「PPAモデル」の効果・実績は?
「PPAモデル」の効果・実績は?

イオン株式会社もPPAを推進

イオン株式会社も2019年4月、このPPAモデルをグループ各社の商業施設で導入し、
再生可能エネルギーの活用拡大を推進し始めました。

イオンは2030年までに、店舗で排出するCO2等を総量で35%(2010年比)削減することを定め、
省エネの取り組みに加え、再生可能エネルギーの活用拡大に向けて取り組んでいます。

また、この脱炭素ビジョン策定を機に、「100%再生可能エネルギーでの事業運営」を目標に掲げる
国際イニシアティブ「RE100」に加盟しました。

イオンのプレスリリースを見る >>

『初期投資ゼロ』PPAモデルで得られるメリット

電気代上昇リスクの低減

CO2排出量の削減(再エネ由来の電気の調達)

屋根の遮熱効果による空調効率の改善(省エネ)・屋根の経年劣化防止

これらのメリットを初期投資ゼロかつオフバランスで獲得可能!
※オフバランス化につきましては監査法人等、専門家と十分協議いただきますようお願いいたします。

「PPAモデル」のメリットを見る >>

よく見られるページ

  1. [自家消費型 太陽光発電 よくある質問]太陽光発電の設置・運用開始まで、どれくらいの期間がかかりますか?
  2. 太陽光発電の自家消費とは? メリットを徹底解説します
  3. 太陽光発電の補助も受けられる「経営力向上計画」のメリット
  4. 省エネ法とは?特定事業者の指定基準や届出書の提出先
  5. 「工場立地法」にも役立つ太陽光発電

太陽でんき 資料ダウンロード


自家消費型 太陽光発電 太陽でんき🄬 資料請求
自家消費型 太陽光発電 太陽でんき🄬 メールマガジン登録

太陽光設備が設置できない法人さまには

運営会社