初期投資ゼロの自家消費型太陽光発電「PPA」(電力購入契約)

他の導入方法との比較

  メリット・利点 デメリット・短所
自社で購入
(自家消費)
  • 長期的に見ればもっとも投資回収効率が良い
  • 処分、交換などを自社でコントロールできる
  • 初期投資額が非常に大きくなる。
  • 総資産利益率(ROA)など財務指標に影響する
  • 維持管理、メンテナンスの手間とコストを負う
リース
  • 自社導入ほど大きな費用を必要としない
  • リース元がパネルの保守をしてくれる場合がある
  • 自由に交換・処分ができない
  • 長期的な契約になる
  • 発電がない場合でもリース料を支払う必要がある
  • リース資産として管理・計上する必要がある
屋根貸し
  • 屋根を貸すだけなので初期投資はほとんどかからない
  • 賃料収入により一定の安定利益が見込める
  • 自由に交換・処分ができない
  • 長期的な契約になる
  • 屋根を貸しているだけなので、環境経営とは言えない
  • 賃料収入の金額メリットはあまり大きくない
PPAモデル
  • 基本的に初期投資がゼロ
  • 提携した金融機関が保守責任を負うためメンテナンスフリー
  • 発電した分だけの電力購入だから発電が少なくても安心
  • 設備は資産計上されずオフバランスで再エネ電気を調達
  • 自由に交換・処分ができない
  • 長期的な契約になる
※オフバランス化につきましては監査法人等、専門家と十分協議いただきますようお願いいたします。

よく見られるページ

  1. [自家消費型 太陽光発電 よくある質問]太陽光発電の設置・運用開始まで、どれくらいの期間がかかりますか?
  2. 2年延長!中小企業投資促進税制は2020年度末まで利用できる
  3. 100%即時償却も!太陽光発電でも中小企業経営強化税制で節税を
  4. 工場立地法と緑地の関係|太陽光発電設備も環境施設になります
  5. 初期投資ゼロ円でも法人向け太陽光発電設備が?「PPAモデル」に集まる注目
  6. 自家消費型太陽光発電で、施設の電気代はどれくらい下がる?

太陽でんき 資料ダウンロード


自家消費型 太陽光発電 太陽でんき🄬 資料請求
自家消費型 太陽光発電 太陽でんき🄬 メールマガジン登録

太陽光設備が設置できない法人さまには

運営会社