電力切替で電気代を大幅削減!

法人施設の管理者の皆様、電気代のこと少し考えてみませんか?

中国電力、中部電力の高圧・特別高圧の電気をお使いの法人様はとくに、電力切替だけで年間電気代が安くなる可能性があります!
経験豊富なコンサルタントが電力会社の見直し、切り替えを無料でサポート。どうぞお気軽にご相談ください。

電力切替に関する3つのお約束

電力自由化以降の厳しい獲得競争を勝ち抜くため、徹底した経営効率化・電源競争力の向上を図っており、他社様にも優位な競争力を確保しております。

①電力料金がお得!

お客様のご使用状況にあった特別な料金メニューをご用意する事によって、今より安価に電気をお届けできる可能性がございます。

②切り替え簡単!

切り替えに伴うお客様の費用負担は一切なくお手間をとらせません。
※機器増設などの工事は発生致しません。

③安心・安定供給

送電網・電気設備は既存電力会社の設備を従来通り利用するため保守体制も変わる事なく、安心安全の電気をお届けできます。

①工場の年間電気代削減メリット

工場の年間電気料金削減メリット

②物流倉庫の年間電気代削減メリット

物流倉庫の年間電気料金削減メリット

③介護施設の年間電気代削減メリット

介護施設の年間電気料金削減メリット

➃病院施設の年間電気代削減メリット

病院施設の年間電気料金削減メリット

有料オプション(自家消費型太陽光発電)

自家消費型太陽光発電を設置すればさらに電気料金の削減メリットは30%近く上昇する可能性もあります。
もし30%近い電気代の削減率が達成できるのであれば年間で考えれば法人様にとっても非常に大きい設備投資になるのではないでしょうか。

電気料金削減以外にも得られる効果

福利厚生への積立金

福利厚生への積立金

毎月の電気料金が削減できれば社員旅行等の積立金にもなり、法人様の福利厚生もさらに充実する事ができ、御社内も士気も高まります。

CSR活動に一役

CSR活動に一役

自家消費型太陽光発電も併せてご利用をいただく事で、電気購入量が減少し地球温暖化の原因であるCO2排出量の削減に貢献しCSR(企業の社会的責任)活動としてアピールできます。

社内の省エネ意識向上

社内の省エネ意識向上

自家消費型太陽光発電も併せた電気料金削減サービスをご実感いただく事で社内省エネ意識がさらに向上し、更なる電力コストダウンに繋げる事が可能となります。

ご留意事項

<適用条件>契約使用期間を通じて、弊社提携先電力会社とご契約をいただくことが条件となります。なお契約使用期間満了に先だって、お客様又は弊社提携先電力会社のいずれからも契約更改等の申し出がない場合は、1年ごとに同一条件で継続されるものといたします。契約使用期間の途中でも、解約希望日の3ヶ月前までに弊社提携先電力会社まで通知いただければ解約することは可能です。なお、お客さまのご都合で途中解約される場合には、下記のように精算金および違約金をご請求させていただきます。
契約使用期間の途中で、お客さまのご都合により解約される場合は、解約精算金および解約違約金をご請求いたします。各々の算定方法につきましては、以下のとおりです。なお、算定方法における延契約電力は、解約時点の契約電力に12を乗じてえた値といたします。
<解約精算金>〇解約精算金は、次のとおりといたします。
解約精算金=延契約電力× 料金適用開始の日からの契約の解約日の前日までの日数÷料金適用開始の日から契約使用期間満了の日までの日数 × (解約精算基本料金率(1,863円00銭) - 常時供給分の基本料金率(1,031円51銭) ) × 0.85
なお、算定の結果が負となる場合は、解約精算金は0といたします。
<解約違約金>〇解約違約金は、次のとおりといたします。
解約違約金=延契約電力×この契約の解約日から契約使用期間の満了の日までの日数÷料金適用開始の日から契約使用期間満了の日までの日数 × 解約違約基本料金率(955円10銭)※ × 0.85
※解約違約基本料金率は、常時供給分の基本料金率から消費税等相当額を除いた金額といたします。
なお、単位は、1円とし、その端数は、小数点以下第3位で四捨五入いたします。
<燃料費調整単価について>
燃料費調整単価については、各地域の旧一般電気事業者と同一の諸元にて算定いたします。なお、各地域の旧一般電気事業者が定める燃料費調整単価の諸元が変更となった場合につきましては、単価の見直しを実施し、別途お知らせさせていただきます。燃料費調整単価につきましては、各地域の旧一般電気事業者のホームページをご確認ください。

PAGE TOP